メニュー

Close

HOME

当院について

診療について

ご挨拶

院長当院は近鉄伊勢田駅前にある交通至便な整形外科クリニックです。「整形外科疾患について病状説明を十分に行い、患者様ひとりひとりにあった、正しく効果のある医療を提供すること」を診療理念としております。

整形外科勤務医として14年間、京都府立医科大学関連病院にて第一線の医療に携わってまいりました。これまでの経験を十分にいかし、赤ちゃんからご高齢の方まで、世代を問わず地域の皆様から信頼されるクリニックをめざしてまいります。身近なかかりつけ医としてお気軽にご相談ください。

院長 河本 浩栄 (かわもと こうえい)

院長経歴

1985年3月
京都私立洛南高等学校卒業
1992年3月
京都府立医科大学医学部卒業
1992年5月
京都府立医科大学附属病院 整形外科 研修医
以降、京都府立医科大学整形外科関連病院に勤務
2000年4月
公立山城病院 整形外科 医長
2003年4月
京都府立洛東病院 整形外科 副医長
京都府立医科大学大学院医学研究科 運動器機能再生外科学 助手
2004年10月
京都府立医科大学大学院医学研究科 運動器機能再生外科学 講師(学内)
2005年4月
愛生会山科病院 整形外科 医長
2006年1月
市立福知山市民病院 整形外科 医長

専門医・認定医資格

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 厚生労働省義肢装具等適合判定医
  • 身体障害者福祉法指定医

学会発表・関連論文

・注目されている小児骨折 その診断と治療 骨端線損傷の疫学

著者:河本浩栄、金 郁

資料名:Mon Book Orthop

巻:15号:12ページ:8-15発行年:2002年11月15日

・骨端線損傷の治療とその予後 骨端線損傷の疫学調査

著者:河本浩栄、金 郁
資料名:関節外科
巻:23 号:1 ページ:32-38 発行年:2004年01月19日

・橈尺骨遠位端骨折後の骨癒合と経時的インピーダンス値の変化

著者:河本浩栄、金 郁喆、平島淑子、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本生体電気刺激研究会誌
巻:17 ページ:65 発行年:2003年12月20日

・創外固定器を用いた骨折治癒過程におけるインピーダンス値の変化

著者:河本浩栄、金 郁喆、平島淑子、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本創外固定・骨延長学会雑誌
巻:16 ページ:132 発行年:2005年05月20日

・交流電気刺激による延長仮骨成熟促進

著者:河本浩栄、金 郁喆、平島淑子、吉田隆司、辻吉郎・・・
資料名:日本整形外科学会雑誌
巻:78 号:8 ページ:S991 発行年:2004年08月25日

・実験的骨折モデルにおけるインピーダンス値の経時的変化

著者:河本浩栄、金 郁喆、吉田隆司、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本生体電気刺激研究会誌
巻:18 ページ:57 発行年:2004年12月20日

・Non‐bridge型創外固定器で治療した橈尺骨遠位端骨折のインピーダンス値の経時的変化

著者:河本浩栄、金 郁喆.、平島淑子、土田雄一、岡佳伸・・・
資料名:日本生体電気刺激研究会誌
巻:19 ページ:53-54 発行年:2005年12月20日

・実験的骨折モデルにおけるインピーダンス値の経時的変化

著者:河本浩栄、金 郁喆、吉田隆司、岡佳伸、辻吉郎・・・
資料名:日本整形外科学会雑誌
巻:79 号:8 ページ:S827 発行年:2005年08月25日

・交流電気刺激が延長仮骨形成に及ぼす効果

著者:河本浩栄、金 郁喆、浦出英則、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本創外固定・骨延長学会雑誌
巻:12 ページ:213 発行年:2001年03月01日

・仮骨延長モデルにおける交流電気刺激の仮骨成熟に及ぼす効果

著者:河本浩栄、金 郁喆、浦出英則、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本創外固定・骨延長学会雑誌
巻:13 ページ:53-55 発行年:2002年03月10日

・開業医院での小児骨端線損傷の疫学調査

著者:河本浩栄、金 郁喆、細川元男、土田雄一、平沢泰介・・・
資料名:日本小児整形外科学会雑誌
巻:9 号:2 ページ:259-263 発行年:2000年06月25日

・インピーダンス値計測による延長仮骨成熟の評価

著者:河本浩栄、金 郁喆、月城淑子、土田雄一、細川元男・・・
資料名:日本生体電気刺激研究会誌
巻:16 ページ:45 発行年:2002年12月20日

・交流電気刺激による仮骨延長モデルの仮骨成熟に関する実験的研究

著者:河本浩栄
資料名:京都府立医科大学雑誌
巻:110 号:5 ページ:421 発行年:2001年05月25日

・小児骨折に対する骨端線損傷の疫学的検討

著者:河本浩栄、金 郁喆、細川元男、土田雄一、平沢泰介・・・
資料名:日本小児整形外科学会雑誌
巻:8 号:2 ページ:196-200 発行年:1999年06月25日

・延長仮骨の交流電気刺激における有効電流と電流経路の解析

著者:河本浩栄、金 郁喆、浦出英則、土田雄一、細川元男・・・

資料名:日本整形外科学会雑誌

巻:74 号:8 ページ:S1373 発行年:2000年08月25日

・創外固定法の基礎と臨床 最新の話題

著者:河本浩栄、金 郁喆、土田雄一、細川元男、浦出英則・・・

資料名:整形・災害外科

巻:45 号:4 ページ:315-319 発行年:2002年03月31日

・仮骨延長モデルにおける交流電気刺激の効果と電流経路

著者:河本浩栄、金 郁喆、浦出英則、土田雄一、細川元男・・・

資料名:日本生体電気刺激研究会誌

巻:15 ページ:39-43 発行年:2001年12月20日

・BMPによる延長仮骨形成促進

著者:河本 浩栄、金 郁喆、月城 淑子、土田 雄一、平澤 泰介

資料名:日本創外固定・骨延長学会雑誌

巻:14ページ:197:発行年2003年3月

 ・Effects of alternating current electrical stimulation on lengthening callus

Kouei Kawamoto, Wook-cheol Kim, Yuichi Tsuchida, Yoshiro Tsuji, Mikihiro Fujioka, Motoyuki Horii, Yasuo Mikami, Daisaku Tokunaga, Toshikazu Kubo

J Pediatr Orthop B. 2005 Jul;14(4):299-302.

 ・Incidence of physeal injuries in Japanese children.

Kouei Kawamoto, Wook-Cheol Kim, Yuichi Tsuchida, Yoshiro Tsuji, Mikihiro Fujioka, Motoyuki Horii, Yasuo Mikami, Daisaku Tokunaga, Toshikazu Kubo

J Pediatr Orthop B. 2006 Mar;15(2):126-30.

▲ ページのトップに戻る