メニュー

Close

HOME

当院について

診療について

オスグッド病

10~13歳の男子が、クラブ活動でスポーツをしていて膝の前面に痛みを訴えることがあります。オスグッド病と呼ばれ、スポーツ活動により太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が収縮すると、お皿の下のすじ(膝蓋靱帯)をとおして膝の前面(脛骨粗面)に引っ張る力がかかり、軟骨が剥離しておこります。痛みが強い場合にはスポーツ活動を制限する必要があります。スポーツ活動時に痛みがある場合はサポーター(オスグッドバンド)を装着します。オスグッド病による膝の痛みは、骨の成長が終了するに伴い軽減しますが、成長終了後も痛みを訴え、分離骨片を認める症例では手術を行う場合があります。

▲ ページのトップに戻る