メニュー

Close

HOME

当院について

診療について

先天性股関節脱臼

出生前、出生後に大腿骨頭が関節包の中で脱臼している状態をいいます。最近では周産期および出生後の発育過程で脱臼が生じることがわかってきたため発育性股関節脱臼(DDH)と称されます。発生率は0.1から0.3%で、女児、初産児に多く認められます。

乳幼児健診で股関節の開きが悪い(開排制限)と指摘された患児に対し、当院ではレントゲン被爆を最小限とするため、まず超音波断層装置を用いて非侵襲的にDDHの診断を行い、必要に応じてレントゲンを撮影するようにしております。

▲ ページのトップに戻る