メニュー

Close

HOME

当院について

診療について

円板状半月板

半月板は大腿骨と脛骨間の内外側にある三日月状の軟骨でクッションの役割をしています。半月板が生まれつき丸く、ぶ厚くなっていることがあり、円板状半月板(ほとんどが外側)といいます。大きな外傷がなくても、半月板や関節軟骨を損傷しやすく、ほとんどの小児半月板損傷が、円板状半月板が原因です。膝が伸びにくい、膝の痛み、太ももの筋肉のやせ、ひっかかりなどの症状がみられます。損傷すると手術が必要となり内視鏡(関節鏡)で半月板切除を行います。

▲ ページのトップに戻る