メニュー

単純性股関節炎

3~10歳の男児に多く発症します。
上気道感染(風邪)や軽微な外傷を契機とすることが多く、股関節から膝にかけての痛みがあり、痛みによる跛行、運動時痛や股関節の動きに制限がみられます。股関節の周囲に、軽度の熱感や腫れがみられることもあります。

レントゲン検査では骨の異常はありませんが、関節液の貯留により関節の隙間が広くなる所見はよくみられます。
ほとんど片側に発症し、多くが1週間以内の安静で治りますが、場合によっては1ヵ月近く長引くこともあります。
関節液が貯留している場合は、関節穿刺により症状が軽快します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME