メニュー

小児の整形外科疾患(下肢)

整形外科の外来にはあしの痛みを訴えて受診する子どもさんをよくみかけます。
しかしその痛みの程度や場所があいまいで、診断が困難なことが多々あります。
診断を正確に行うためには、必要な検査を行うことはもちろん、病歴や外傷の有無など、両親からの詳しい問診が大変参考になります。
原因不明なものの多くは成長痛とか、心因性のものとして片付けられてしまいがちですが、中には重大な病気が隠されていることがあり注意が必要です。
日常診療で比較的よく見られる小児整形外科疾患(下肢)について順次ご説明いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME